本文へ移動

B棟乳1F(B1‐2)ブログ

2020年度 乳B1-2 ブログ

お散歩!~秋を探しに~

2020-10-27
秋を探しにお散歩へ!そしてグランドに行きました!
ちいさな袋にお子さんたちが見つけて、拾った秋をお家にお土産2つのハート
 
自然や季節を、
【目で見て】【耳で聞いて】【手で触って】【肌で感じて】【においをかいで】
大人とそれを共感することによって、お子さんの感性が育んでいきます
そして、【拾う】【触る】【つかむ】等することで、手の運動や発達にもなり
お子さんたちが大きくなって、
スプーンを使うときや、クレヨン・鉛筆・はさみ等の文房具を使うときなどなど・・・。
手の微細な動きを作る基礎に繋がっていきますよ
 
 
記:吉田ありさ

身体をたくさん動かす大切な基礎

2020-10-16
 
身体をたくさん動かす事!
「欲しいものに手を伸ばす。でも届かない。それならばズリバイで!ハイハイで!近づいてみよう。」
「楽しい音楽が聞こえた。体が音楽にのって面白い♪」
「嫌なことがあった。どうしていいかわからない!体をバタバタして伝えてみよう」
「見て見て!こんなこともできるんだよ!あんなことだってできるんだ!見て!」
・・・それはつまり、お子さんたちの思いや願いが込められていると思います
この時期まだ言葉もほとんどなく、相手に伝える手段として、身体で表現します。
そして、体力・運動能力をつけるための土台を作っている段階です。
 
運動の要素は、寝返り・座る・移動するといった「粗大運動」と、
スプーンを持つ・手をぐーぱーする・掴む等の指先を使う「微細運動」があります。
この2つの運動がバランスをとりながら発達していきます。
ハイハイをすることによって、足の親指を使い脳を活性化させ、
足腰をしっかり動かし、歩いたりと世界が広がっていきます。
 
 
お子さん達の
やりたい!したい!意欲を大切にし、
是非お子さんと一緒にお散歩したり
ハイハイ遊びを楽しんでみてください2つのハート
 
記:吉田ありさ

絵の具でお絵描き

2020-10-16
10月1日は「十五夜」でした。
そこで、今月の季節のお絵かきは「十五夜」に決定
お子さん達には可愛い足型のうさぎさんと、美味しそうなお団子を描いてもらうことにしました。
 
初めて絵の具を使うお子さんもいる中、みんな積極的に取り組みます。
絵の具が手に付いたってヘッチャラ
涙など見せず「トントントン...」とリズミカルにタンポを打ち付けます。
 
出来上がったお団子は、弾けたポップコーンみたいでとっても可愛い
お子さんが自由に描いた作品、お部屋の中に飾ってありますので
是非、見てみて下さい。それぞれ個性が出ていて可愛いですよ。
                          記:山本

秋の味覚を知ろう(食育)

2020-10-16
先日「親子体験保育」で食育の活動をしました。
今回のテーマは「季節の野菜、果物を知ろう」ということで、職員が手作りした食べ物のおもちゃを使っての「ごっこあそび」
まずは、どんな野菜があるか絵本の読み聞かせをしました。
 
お話を聞いた後は、いよいよみんなで「ごっこあそび」
今回は、さつま芋・栗・みかんのおもちゃを用意し、「芋掘り」や「栗拾い栗」を体験しました。
 
食べ物の形をしたおもちゃが出てくると、みんな興味津々
自分から手を伸ばして遊びます。
缶の中から顔を出したさつま芋を引っ張ったり、栗を拾ってかご入れたりと、みんな楽しそう
こうした活動の中から、身近なものを見たり、感じ取ったりしてくれたらいいな~と思います
                              記:山本

☆運動会写真☆

2020-10-15
お待たせいたしました!
先日の運動会の様子です!
 
たくさんの良い写真に選別するのが難しかったです。
天候が不安でしたが初めてのの運動会成功ですね☆
 
このほかにもたくさん写真があるので是非写真注文を覗いてみて下さい!
そして、思い出の一枚にどうでしょうか??
 
 

2019年度 乳B1-2 ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

ひとつ大きくなります♪

2020-03-28
3/27 ひとつ大きくなる式がありました新しいクラスの先生達とご対面キョトンとした表情や人見知りで涙の子、全く動じずお部屋を探索する子とみんなさまざま少しずつ慣れてくると、表情も和らぎ大好きな絵本や歌に手ばたきして参加してましたよ
みんなの成長を改めて振り返ると、初めての環境に不安で涙だったのが笑顔に変わり、できることがたくさん増えて、身体だけでなく心も大きくなった0歳でしたね少しずつ心を開いてくれるようになり、心をあずけてくれるようになり、今では心の安心をベースに、自ら外界へ向かうお子さんたち素晴らしい誇らしいですこんな大事な時期のお子さん達と、いろんな経験をして笑って楽しく過ごせたこと、保護者の方々と共に喜んだり悩んだりしたこと、ほんと貴重な時間です至らない点もあり、ご心配をおかけしたこともあるかと思います。温かく接していただきありがとうございました
新しい門出は、嬉しい反面、淋しさの方が上回ってしまい、涙しそうになりながら打ってます汗でも、お子さん達の方がもっと不安だろうから、私たちはドンと構えていなければ
案外子どもの方が切り替えが早くて、大人の方のがいつも引きずってます
クラスが変わっても、お子さん達の健やかな成長を楽しみに見守っています何かあれば、いつでも声かけてくださいね
職員一同
 

春さんぽ

2020-03-26
毎朝通う保育園への道何気なく通ってる橋だけれど、年に一度のこの季節は、桜と菜の花が見せる穏やかな風景が心を和やかにしてくれます
今日は、菜の花までお散歩に行ってきましたきらきらみんなの背丈よりも高い菜の花に囲まれて、花を観察したり、ちぎってみたり、辺りを探索したりあまりにのどかで、気持ちの良い時間に、気づけばもうご飯の時間いつもは「おなかすいた」と大アピールしてきるお子さんが、全くそんなそぶりなく遊んでいたということは、さぞかし楽しんでくれていたのでしょうきらきら戻って美味しい手づくりご飯タイム2つのハートよく遊んだ後は、ご飯もより一層美味しいですね 山田

遊びの様子✿

2020-03-23

月曜日だよ!全員集合!

2020-03-23
3月になって初めて、本日、全員集合しましたきらきら
0歳児は、まだまだ免疫がついていないのでいろんな病気にかかってしまい、なかなか安定して登園することが難しいですね汗
保護者の方も、お子さんの不調とお仕事とのはざまで葛藤し、悩むことも多いかと思います汗
まだ保育園に入るの早かったかなぁ…  子どもにかわいそうな想いをさせてしまってるかな… なんて考えてしまうこともあるのではないでしょうか
保護者の方のそんな想いをたくさん耳にして、一緒にウルウルした時期もたくさんあります
でも、お子さんたちは “集団生活”という社会の中で、しっかり自己を発揮する力を身につけ、相手の存在を知り、自分と他者との関係の中で様々な感情や葛藤に出会っていきますきらきらそれは、一人では経験できない大事な実体験大人が教えることではなく、子ども自らが自発的に関わり、子ども同士だからこそ、自ら考えたり、悩んだり、ぶつかったりしながら社会性を身につけ人間関係の基礎を培っていくのだと思っています0歳のみんなだって、よ~く人の表情や動作を観察しています色とりどりのきらきら
たくさん病気して困らせちゃう時期かもしれないけれど、あと1年、2年したらしっかり丈夫になって元気に毎日通える日がきっと来る「継続は力なりきらきら
 保護者の方と一緒に、悩んだり考えたりしながらお子さんたちの成長を見守っていきたいと思っていますきらきら
何かあればいつでも声かけてくださいねきらきら  山田

園庭あそび☀

2020-03-23
暖かくなり、戸外遊びが気持ち良い時期になってきました桜や菜の花も咲きはじめ、春を一層感じられるようになりました桜
毎日最新のコロナ情報に耳を傾け、内心ビクビクながらも、戸外で元気に遊び、ほんとによく食べ(笑)、ぐっすり夢の中のお子さんたちをみると頼もしさを感じますきらきら
最近、職員の動きやお話をよ~く観察して理解することができてきたお子さん達“お外に行こう!”と玄関へのドアを開けるとみんな一目散にハイハイでやってきて、玄関の段差なんてなんのその3つのびっくりマーク(吹き出し)前進ハイハイでなんなくクリアし、自ら園庭へLet’s Goいや~すばらしい意欲自分で気になる玩具に手を伸ばしたり、つかまり立ちや歩行を楽しんだり、木馬やベンチにも乗りたくて自ら足をあげてチャレンジ良いですね~チャレンジ精神砂や芝が嫌で足を浮かせていたり、抱っこから下りたくないと言っていたのが嘘のようなここ最近です未知の経験や不安から、興味や楽しさが上回ると、自ら外界に関わるようになり、世界が広がりお子さんたちも新鮮なことがいっぱいなのでしょうねきらきら大人には当り前のことが、お子さんたちには初めての発見や体験がいっぱいひとつひとつのお子さんの発見や興味に、同じ目線で楽しみ共感しあう関係を大事にしていきいたいなぁと思っています2つのハート 山田
 
赤ちゃんの駅登録施設です。お気軽にご利用ください。
両野こども園
社会福祉法人両野福祉会
認定こども園両野こども園

〒326-0142
栃木県足利市小俣南町4-2
TEL.0284-62-4808
FAX.0284-62-4826
1.■乳幼児の教育・保育■
(産休・育休明けの乳幼児の保育)
2.■一時預かり■
3.■休日保育■
 
5
5
3
1
6
6
TOPへ戻る